読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年もお疲れさまでした 〜ふりかえり〜

わたし 観術 日常

まだあと1日と数時間残っていますが、
2016年もお疲れさまでした。

6月から、認識技術<観術>を使ったセッションとコンサルをしている、
セッション士の西勝ご夫婦にセッションとコンサルを週1回のペースで受けていました。

わたしは、いろんなヒーリングや精神世界等のワークショップに行ったり、
本を読んだりして、いわゆる【自分探し】をしていた時もあります。
今もそれはそれとして、良いと思っています。
2014年10月に認識技術<観術>を知ってから、
それを現実でも使うようにトレーニングしているところです。

それがやっと今年、「本当に使いたい!」という気持ちが芽生えて来て、
取り組んだ1年だったと思います。

少しずつ結果も生まれて来ているので、
2017年が本当に楽しみでたまりません!!

西勝ユズルさんのホームページ

nishikatsu.net



ご夫妻のセッション&コンサル、本当にオススメです!

f:id:magentasoul:20161230210041j:plain

ワタシ的今年の漢字「決」

わたし 観術 日常

昨日は、ある忘年会に参加しました。
その中で、参加している方たちと、
「自分的今年の漢字一文字」というのをディスカッションしました。

わたしは何だろうな・・・って考えて、
パッと浮かんだ文字、それは「」でした。

決断
決める

そんな局面が多かったからかな〜。

たとえば3月は、
全く新しい環境に飛び込み、
仲間達とシェア生活をしながら、
新しいライフスタイルと教育コンテンツを開発するプログラムに参加。
2ヶ月間だったけれど、すっごく濃度の濃い毎日を過ごしました。

あと同じタイミングで、職場も変わり、
その職場では、大きなシステム変更が4月に2つ同時実施されて、
死ぬ程忙しかった毎日。。。
過呼吸になるんじゃないか?っていうくらい、
ずーっと対応しながら、話し続ける日々だったなー。

あとは、、、
プライベートなことや家族のことでも、
断」して、「行動する」ことが多かったような気がします。

ま、言ってみれば、
人生は、断して、行動する連続体なのでしょうけれど。
あと、師匠に、「人間は決断する時に、感情を使う」というのも教わった。
(あ、去年だったな、それを教わったのは)

昨日の全体の写真☆
DREAM和PROJECT という活動の忘年会でした。
DREAM和については、また別の機会に☆

f:id:magentasoul:20161229005136j:plain

宇宙一美しい奇跡の数式 0=∞=1 / ノ・ジェス著(きこ書房)

観術

f:id:magentasoul:20161227072538j:plain

昨日、職場の近くの本屋さんでやっと手に入れました。
読み始めたところです。

東京・神奈川・埼玉の書店では品切れ状態が続出しているので、
お早めに手に入れることをおススメします☆

さて。
0=∞=1は、普通ですと成り立たない数式です。
でもこれを成り立たせている何かがあるのがこの宇宙です。

ノさんが20年以上前からお伝えしたいた内容が、
この1冊にギュギュッと詰まっています。

ぜひご興味のある方は、読んでみて欲しいです。

JAPAN MISSION PROJECT in OSAKA ありがとうございました!

観術

12月18日(日)、大阪でJAPAN MISSION PROJECTの、全国リレー講演が行われました。

三部構成のうち、メインテーマである、
「IT経済移行の新経済と新教育」について、
質問&回答形式で進めて行く内海氏とNoh Jesu氏。
f:id:magentasoul:20161220233252j:plain

※あまり良いアングルでなくて、申し訳ありません。

講演の前に、さまざまな展示をEXPOのように、
展示、説明していて、分かりやすかったです。
「講演と参加者」というように、分かれてしまいやすいけど、
会が始まる前に、スタッフと参加者や、
参加者同志で交流できたことは楽しかったポイントだったと思いました。

「認識技術」という言葉は、今は聞き慣れないかもしれません。
でも、近いうちに当たり前になる思います。

AIやIoT、ロボットが当たり前になっているこの頃ですが、
2年前は少なくとも、Pepperくんが発売されることについても、
「誰が買うのー?」という感じでした。
でも、Pepperくんは当たり前のように社会で活躍しています。
ロボットと敵対するのではなく、
人間にしかできない「無」を取り入れた教育が、
根本的な教育が必要です。

この世の中の仕組みがあからさまに語られるようになり、
望めば、誰もが「真実」を手に出来る時代。
でも、それで何をするのか?
それが人間にとって重要なことなのでしょうか?

次回は、2月26日(日)福岡にて開催します。
ご興味のある方はぜひ☆

TOEIC・英語の勉強 / 自分だけの目標・自分だけの勉強法 #8

わたし 日常 英語 観術

どうしても、比較しません?
スコアだけを。
それで一喜一憂する。

今回、上司と一緒に受けたんです。
上司は、
「自分英語全然でけへんから(※関西人です)、
石原さんにはかなわんと思うわぁ」
って言っていて、
実際に最高スコアが600くらいだって言っていました。

ただ、仕事中、海外の人と話しているのは、
かなり流暢でですね、
「全然でけへんことないやんけ!」
と内心思っていました。

それで今回スコア出てみたら、
上司は770だったんです。

ほんまに最高が600だったんかー?

って思いますよね。
(チームの人みんな思って、しらけました)
(あ、みんなの前でスコアご披露したので)

個人的には、言葉と行動が一貫していない人は、
(すぐに)×して、イラッとするので、
昨日はそのパターンが出ました(笑)

話を元に戻すと、
どうしても、他人と比較しますよね。
比較して、喜んだり、落ち込んだりする。
「比較するな!」とか、自己啓発の本にも書かれていますけど、
0.000000000000000何秒よりさらに速いスピードで、
比較したり、違いだけを取ったりするから、

仕方ないです!
人間である以上。

脳は、4つのクセを持っています。

1. 部分だけを取る
わたしは、上司の「スコア」だけに注目していました。

2. 違いだけを取る
わたしは、上司のスコアと自分のスコアを比較し、
「わたしのスコアは彼よりも、35点低かった」
と認識しました。

3. 過去とつなげて取る
上司は、「自分の最高スコアは600くらい」だと言っていました。
それを聞いて、わたしは、
「なるほど、じゃあこれくらいの実力なんだな」と決めつけていました。

4. (情報を)有限化して取る
有限化してしか、情報を受け取れません。
無限や、境界線がないものは、「認識」できません。

これがわかっていると、
わかっていないのと比べると、全然違うね。
わかってても、「脳」があるので、やってしまうんだけど、
その後の「自分の考え」というのかな、
「感じること」というのかな、
それが違うことに気づく。

「人と比べるな!」と言われても、
比べてしまい、また比べる自分はダメなんだ・・・と
コンプレックスをどんどん強める必要は全然ないのですね。

長くなったので、ここまで☆

TOEIC・英語の勉強 / 自分だけの目標・自分だけの勉強法 #7

わたし 日常 英語

TOEIC受けた夜、クタクタで帰宅。

やっぱり8時間働いた後の2時間のテストは、
しんどいよー(T-T)
(※今回は会社で団体受験しました)

クタクタになった理由のひとつは、
イギリス英語が全く聞き取れなくなってた!!


英語といっても、いろんなアクセント(方言)があって、
それによって、全く聞き取れません。

ショックだったので、イギリス英語にまみれてやろうと思い、
見つけたのが、下の動画。

※更新
YouTube動画があったのですが、削除されてしまったみたい。

すごい似てるー!
それにしても、この男性、すごいモノマネ上手!!
あれ、話がそれてしまった。

英語の発音も大事だけど、
何を話すのか?内容がとても大事だよー。
日本人が英語苦手なのもその辺りが関係しているんだと思う。

TOEIC・英語の勉強 / 自分だけの目標・自分だけの勉強法 #6

わたし 日常 英語

f:id:magentasoul:20161209232641j:plain

これはシリーズものです(笑)

部署で全額負担するので、TOEIC受けて欲しいと言われ、
ガーンっと思いつつ、
でも、やるしかないよなー!と腹くくって(おおげさ)
11月24日に受験しました。
(※会社の団体受験)

その結果が今日来たのです。

何点だったかというと・・・

735!!

前回受けたのが4年前とかで、
しかも675とかだったような・・・。

それが今回、単語の勉強をして、
60点もUPしていたので、ビックリ!!
めちゃくちゃうれしい!!
スコア上がったってことだから!!

今回、実は手応えを感じたことがあります。
それは、認識技術という【観術】が役に立っているということです。
(観術を知って2年ちょっとです)

明確なことは、
「考えに邪魔されない」でテストを受けられたことです。
長くなるので、↑このことは、別の投稿で書きたいと思います。