読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5感覚のカラダで生きることは

つぶやき 観術

5感覚+脳で生きると、

マンネリして、新しい刺激を求める。

そして、それにも飽きて、

また新しい刺激を求める。

 

そんなことをしているうちに、

どんどん歳をとるんだ。

カラダが若くて動くうちはいい。

でも、カラダは物質だから、どんどん劣化していく。

 

生まれた意味もわからない。

どうやって生きていけばいいんだ!

なんのために生きるんだ!

 

そんなこともわからないままに、

この3次元(時間を入れれば4次元)世界に、

産み落とされる。

それらは、生まれる前に自分で決めてきたとも言われるが、

そうでないかもしれない。

とにかく、生まれる時に「初期化」されちゃうんだから、

覚えてないし、知らないのだ。

 

それで生きていけ!だなんて、

本当に乱暴な気がする。

モデルにしていいのかよくわからないまま、

両親をモデルに、真似して生き始める。

また、ある人は、過去の魂に刻まれた記憶をもとに、

automaticに反応、行動始めるかもしれない。

 

自分探し、生きる意味探しで人生終えてたら、

ほんとになんのためにここにいるんだよ。

また生まれてこなきゃなんねーぞ。

 

自分で生きたんだ!

と実感持って、死にたいじゃないか。

そんなこと思うのはわたしだけかな。

そんなことないよね。きっと。