読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとうのわたしたちは・・・

日常 観術

ほんとうのわたしたちは、
「あなたってこういう人だよね」とか、
簡単に決められない存在。
「尊厳」そのものの存在だから。

「あなたってこういう人だよね」と言われると窮屈になる。
「ちがう!」って否定したくなる。
それはなぜなのか。

わたしたちは誰にも決めつけることができない、
偉大で、大きな姿だから。
魂っていう人もいると思う。
呼び名だってなんだっていいんだ。

話は少し変わるけれど、社会で働いていると、
理不尽なことで不快な思いをしたり、
表面的なことだけを評価されて、
嫌な思いをしたりする。そんなことあるよね。
それを社会に対する、時代に対する、会社に対する怒りや悔しさに変えて、
がんばることもできるかもしれない。
でも、本当は誰も悪くない。
仕組みが見えると、それがわかる。

人間同士が小さい世界で争うのがだんだんばかばかしく、
というか、ギャグに思えてくる。

AIの登場で、「人間がこんなことで争っているヒマないよね」
と思えてくる。

おやすみなさい☆