読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チームプレイの限界

日常 観術

人間関係で悩まない人は少なくないと思う。
というか、ほとんどの人が悩んでいる。
家族、職場、プライベート・・・。

自分の考え・感情がどのように生まれるのか。
また、ほかの人の考え・感情がどのように生まれるのか
それが出会って、どのようなケミストリー(化学反応)が生まれるのか。
時にはそれが争いにもなり、涙になり、
時には素晴らしい気持ちになったり、愛に満ちあふれたり。

自分が何者なのかわからないままでは、
分かり合えたと思った瞬間に、
憎しみが生まれて、争う。
条件状況で変化する。

それは、この3次元(+時間を入れると4次元)では、
当たり前のこと。
ただ、これが絶対だと思い込んでいるのが、
わたしたち人類の現在地だったわけで。

話は一気にリアルな自分の話になるけれど、
仕事していても - うちのチームは7人だけど- 
全然、チームプレイができない。
正確に言うと、「全然、チームプレイができない」と思っているわたしがいる。
もっと正確に言うと、「全然、チームプレーができない」と思っているわたしがいると思い込んでいる。

個人主義や、無関心が当たり前になっちゃってる。
それに対して、がんばっていた時期もあるけど、
もう、「しょうがない」「こんなもんでしょう」って思っている。

実際、チームプレイができなくても仕方がない。
人類の限界でもあるから。

「それじゃあいやだ!」って、
限界にチャレンジしているのが自分でもあるし、
わたしの大切な仲間達でもある。

愛があって、心から笑ったり、泣いたり、怒ったり、
どんなことがあっても、All OKな関係。
そういうつながりがどんどん大きくなっていくのがいいな。
そんなことを本気で想ってたりするよ。

f:id:magentasoul:20161204175122j:plain