読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEIC・英語の勉強 / 自分だけの目標・自分だけの勉強法 #8

わたし 日常 英語 観術

どうしても、比較しません?
スコアだけを。
それで一喜一憂する。

今回、上司と一緒に受けたんです。
上司は、
「自分英語全然でけへんから(※関西人です)、
石原さんにはかなわんと思うわぁ」
って言っていて、
実際に最高スコアが600くらいだって言っていました。

ただ、仕事中、海外の人と話しているのは、
かなり流暢でですね、
「全然でけへんことないやんけ!」
と内心思っていました。

それで今回スコア出てみたら、
上司は770だったんです。

ほんまに最高が600だったんかー?

って思いますよね。
(チームの人みんな思って、しらけました)
(あ、みんなの前でスコアご披露したので)

個人的には、言葉と行動が一貫していない人は、
(すぐに)×して、イラッとするので、
昨日はそのパターンが出ました(笑)

話を元に戻すと、
どうしても、他人と比較しますよね。
比較して、喜んだり、落ち込んだりする。
「比較するな!」とか、自己啓発の本にも書かれていますけど、
0.000000000000000何秒よりさらに速いスピードで、
比較したり、違いだけを取ったりするから、

仕方ないです!
人間である以上。

脳は、4つのクセを持っています。

1. 部分だけを取る
わたしは、上司の「スコア」だけに注目していました。

2. 違いだけを取る
わたしは、上司のスコアと自分のスコアを比較し、
「わたしのスコアは彼よりも、35点低かった」
と認識しました。

3. 過去とつなげて取る
上司は、「自分の最高スコアは600くらい」だと言っていました。
それを聞いて、わたしは、
「なるほど、じゃあこれくらいの実力なんだな」と決めつけていました。

4. (情報を)有限化して取る
有限化してしか、情報を受け取れません。
無限や、境界線がないものは、「認識」できません。

これがわかっていると、
わかっていないのと比べると、全然違うね。
わかってても、「脳」があるので、やってしまうんだけど、
その後の「自分の考え」というのかな、
「感じること」というのかな、
それが違うことに気づく。

「人と比べるな!」と言われても、
比べてしまい、また比べる自分はダメなんだ・・・と
コンプレックスをどんどん強める必要は全然ないのですね。

長くなったので、ここまで☆